生理周期を整えられるトリキュラーで不正出血が起こる?

トリキュラーは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの働きにより、避妊効果を得られる低用量避妊ピルのことですが、服用方法を間違えると、効果が低下したり、不正出血が起こることがあるので注意が必要です。
トリキュラーには副作用があり、頭痛や吐き気、乳房の張り、不正出血といった症状が見られますが、中でも不正出血は、飲み忘れによっても簡単に起こるので、正しく服用することが大切です。
精神的にもイライラしてしまうことがありますが、これはトリキュラーの服用により、黄体ホルモンなどの女性ホルモンのバランスが変化したことで生じた一時的な副作用になります。
服用を続けていれば、2ヶ月~3ヶ月ほどで副作用は収まりますが、人によっては体質に合っていない可能性があるので、その期間を過ぎても症状が続くのであれば、医師に相談するようにしてください。
またトリキュラーは生理周期をコントロールできるので、普段から生理不順にお悩みの方が服用すれば、28日周期に整えることが出来ます。
生理周期が整うと、次にいつ生理が来るかの予想がつくため、毎月のスケジュールが立てやすくなり、旅行にも行きやすくなります。
さらに生理痛を軽減できるので、毎月の生理が来るたびに寝込むほど具合が悪くなる人が飲むと、効果がありますし、生理の出血量を減らし、貧血を改善させる効果もあります。
ホルモンバランスが安定すると、ニキビを改善することも出来るので、生理前になると、いつもニキビに悩まされるような人は飲むようにしましょう。
トリキュラーは避妊以外にも、女性に嬉しい効果がたくさんあるので、飲みたいときは婦人科のお医者さんのもとへ行くか、個人輸入代行通販に注文するようにしてください。