中絶後の避妊におすすめのトリキュラー、服用の注意点

望まぬ妊娠を防ぐために行う中絶手術、人によっては心身ともに非常に大きなダメージを負ってしまうものです。ただ、中絶後のタイミングであるからこそ、それ以上妊娠を望まないのであれば明確な対策が必要となってきます。そこで中絶後の避妊方法としてよく用いられているのがトリキュラーをはじめとする低用量ピルの使用です。
トリキュラーは黄体ホルモンと卵胞ホルモン、二つの女性ホルモンをバランスよく配合したピル錠剤を継続的に飲み続けることで、排卵を止めて妊娠機能自体を止めていくことができます。毎日決まった時間に錠剤を飲んでいかなければいけませんが、その分正しく服用さえすれば高い避妊効果を得ることができるのです。
中絶後、初めてトリキュラーを使用する際にはその処置を受けたその日から飲みはじめるのがベストとされています。通常トリキュラーを初めて服用するのは生理が始まったその日からといわれていますが、中絶後の場合本来の生理周期が大きく乱れて予測がしにくくなるため、早め早めの服用がカギとなってくるのです。
トリキュラーを初めて飲む際には、少なからず副作用の症状が現れます。代表的なものであれば、頭痛や軽い吐き気、めまいや腹痛などの症状が挙げられます。どれもその成分によっては市販されている鎮痛剤で緩和していくことができますし、ある程度服用を続けていけば自然と症状は治まっていきます。
この副作用の症状はトリキュラーに含まれる女性ホルモンによって体内のホルモンバランスを乱してしまうことが原因で引き起こされます。つまり、ある程度服用を続けることでこのホルモンバランスが安定すれば、自然と症状は治まっていくということなのです。初めての服用であれば特に、この副作用の症状に注意しておくようにしましょう。