ピルの種類と第2世代トリキュラーの特徴について

ピルと一口にいってもその種類は幾つかのものが挙げられます。通常、ピルは含まれている黄体ホルモンの成分の種類によって4つの世代に分類することができます。
黄体ホルモンにノルエチステロンという成分が使用されている第1世代であれば、比較的そのホルモン剤の分量が多くはなりますが、男性化症状が強くないのでよりスムーズにその効果を実感することができます。それに対して第2世代の場合、黄体ホルモンにレボノルゲストレルという成分が使用されており、先の世代に比べると男性化症状が出やすくなります。ただ、少量のホルモン剤で高い効果を得ることができることから、低用量ピルとして日本でも多くの医療機関で使用されています。
第3世代のピルにはデソゲストレル、ゲストデンという成分が使用されています。第1世代、第2世代の欠点をうまく克服したタイプのピルで、実際に使用感の良さから世界中の女性の支持を集めています。
最後に、第4世代のピルにはドロスピレノンという成分が使用されています。日本では超低用量ピルとも呼ばれ、その副作用の少なさから、他のピルが体質に合わなかった人に勧められるケースが多いようです。
ピルはこれら世代別に見てみてもその特徴は大きく異なってきます。特にトリキュラーをはじめとする第2世代のピルは、摂取するホルモン剤の分量を最小限に抑えていくことができるということで、より安定的な避妊効果、生理トラブルの解消効果を得ることができます。トリキュラーを実際に愛用している人が多いのはこういった高い効果が得られるからです。
もちろん、トリキュラーを使用するかどうか、その他の種類のピルを使用するかは担当する医師が決めることではありますが、自分が服用する薬のことです。どんな特徴があって、どんな効果が得られるのか、今一度チェックしておくに越したことはありません。