お肌のトラブルで一番危険な症状とは?

女性のお肌のトラブルで一番の悩みは顔でしょう。
特に露出される部分ですの気になる部分でもあります。
乾燥肌、脂質肌などがありますが、これは体質だったり食生活の部分が影響しています。
またニキビも気になる肌トラブルの一つです。
ニキビの出来やすい部分を観察していると気付く事があるはずです。
顎のラインや口の周囲に出来やすくなっているだけでなく、期間もある程度決まっています。
それは生理の約2週間前から起こる事が殆どです。
2週間前より黄体ホルモンという男性ホルモンによく似た物質が排出されるため、脂質の分泌が多くなりやすい部分にニキビが出やすい状態になってしまいます。
また、ホルモンのバランスが崩れる事によって肌荒れやニキビが長引く事もあります。
そこで使用されるのが日本でも多くの人が利用していると言われている低用量ピルの一種であるトリキュラーです。
医師の処方箋がなくとも購入できるために多くの人が利用しやすくなっているようです。
これは女性ホルモンをコントロールする薬で、卵巣ホルモン、黄体ホルモンを3相性にした段階型の薬です。
ピルを服用する事によって本来持っている自然なホルモンバランスを保つ事が出来るため、ニキビの出現は少なくなると言われています。
顔の皮膚は直接、外気に触れるだけでなく、女性は化粧をする人も多いため肌のダメージは受けやすい状況にあります。
内服薬は継続して内服する事によって効果を発揮しますが、トリキュラーの場合にはプラセボ錠も含まれているため、飲み忘れも少なく継続して利用する事が可能です。
しかし、トリキュラーはあくまでも人工的にホルモンバランスを調整しているために、肌に合わない場合もあります。
その場合には、別のピルに変更できるため医師に相談する必要があります。